Y'2 LEATHER

Official Home Page

Y'2 LEATHER


Y'2 LEATHER


ワイツーレザーは
国内生産の馬革や牛革を中心に上質な革のみを
使用した商品を企画、
生産、販売している
総合レザーメーカーです

MORE



 


Y'2 LEATHER Facebook


Y'2 LEATHER twitter


Y'2 LEATHER Facebook


Y'2 LEATHER Facebook


皮革製造工程 「皮から革へ」

現在日本で、(社)日本タンナーズ協会加盟している企業は250社程である。
しかし長引く不況、高齢化、跡継ぎ問題などにより休業、廃業社が続いぎ年々減少傾向にある。
金額、数量共に輸入原皮の約6~8割を占めるのが成牛皮革で、馬革は数量で見れば牛革の1%程である。
牛革に比べ馬革は供給が少なく、馬革専用のタンナーも日本全国で7社程しかない。
 
コンテナにより北欧などから輸入されるが、その皮を集める作業に2~3ヶ月かかり、
安定供給という点でも難しいのが現状である。 また、他の皮に比べ荒野などを走るため傷が多いのも難点である。
しかし軽さ、銀面の細かさ、しなやかさの面では他の革より優れ、また伸びにくいのも特徴である。
パンツで例えれば、牛革は数年着用すれば膝がでてくるが、馬革は戻す力があるので膝が出にくい。
しかし負担をかけ過ぎると裂ける場合もあるので注意も必要である。
 
このように馬革、牛革、ゴート、ラムなど様々な種類があるが、「革は天然素材」という前提の下、
それぞれの特徴を知り、さらに同じ革でも日本に入荷前の塩漬けの仕方、鞣し方、仕上げなどによって
生じる違いを知ることも興味深いと思う。
 
このページでは皮の原皮から鞣されて革になるまでの工程、さらに最終の仕上げまでの工程を説明しています。
これにより革に少しでも興味を持ってくださる方が増えてくだされば幸いです。
一部生々しい画像もありますがご了承ください。
また何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
 
 
皮革製造工程は大きく20の工程に分類されます。 これらの工程も製品の種類によって異なります。
今回は馬革の工程ですので、牛革などと若干異なる点がございますがご了承ください。
 
 

  • 原皮 Hide&Skin

    ワイツーレザー 鞣し工程1

    原皮は国内産の地生(じなま)を除き、通常腐敗を防ぐ為
    塩漬けをし牛革は米国を中心に、馬革は北欧、オセアニアなどから
    輸入される。
    血液を洗い、体温を下げその後に馬革の場合16~17kgの塩を
    刷り込むのだが、このタイミングがとても重要でそのタイミングを
    間違えるとダニ、汚れ、カビにつながる。
    そのような工程を終え日本に輸入される。

水漬け Soakinng / 脱毛・石灰漬け Un hairing&Liming

  • ワイツーレザー 鞣し工程2

    水漬けは、皮に付着している血液や汚物などを取り除き、
    脱水された水分を補い生皮の状態に戻し、後の薬品処理を
    スムーズに行うのに重要な工程。
     
    脱毛・石灰漬けは、石灰乳を浸漬させ、アルカリにより皮を
    膨潤させ、皮のコラーゲン繊維をほぐすと共に、
    毛・脂肪・表皮層を分解除去する。
    皮革独特の柔軟性を得るのに役立つ。

背割り

  • ワイツーレザー 鞣し工程3

    脱毛・石灰意漬けを終えた皮を背割りと言う工程で、
    背骨に沿って左右半分に分割する。
    背割りをすることで、次の作業を円滑に進めることができる。
    ここで一枚の皮から半裁になる。

裏打ち Fleshing

  • ワイツーレザー 鞣し工程4

    裏打ち機(フレッシングマシン)を用いて、
    皮の内面(裏面)に付着している肉片や脂肪を取り除く。
    石灰付けの後行う場合もあり、この工程で皮の厚みを
    調整する場合もある。

分割 Splitting

  • ワイツーレザー 鞣し工程5

    最初に裏打ちで残った肉片・脂肪を再度取り除き(写真右)
    その後、分割機(バンドナイフマシーン)を用いて
    皮を所定の厚さに銀面(表面)側と肉面(床皮)側の
    二層に分割する。
    (鞣し後に分割する場合もある)

垢出し Scudding(Beaming)

  • ワイツーレザー 鞣し工程6

    脱毛・石灰漬けの段階で除去し切れなかった毛根などを
    取り除き、銀面をきれいにする。垢出機(スカッティングマシン)
    などを用いて圧出除去する。

再石灰漬け&脱灰・酵解/ 浸酸 Pickling

  • ワイツーレザー 鞣し工程7

    石灰乳に再浸漬し、アルカリにより皮のコラーゲン繊維の
    からみをぼぐす。
    脱毛・石灰漬け、再石灰漬けで皮中に残存した石灰を取り除く。
    これにより石灰漬裸皮(強アルカリ、pH12以上)を
    中和し(pH8付近)、鞣し作業(酸性側、pH3) における
    鞣剤の浸透を容易にする。
    酵解(ベーチング)とはタンパク質分解酵素により不要な
    タンパク質を分解除去し、銀面をなめらかにする。
     
    次に浸酸だ。
    鞣し処理に使う薬品は酸性でないと溶けないので、鞣工程に
    先立って皮を酸性溶液中に浸漬して、鞣剤の吸収に適する
    状態にする。

クロム鞣し Chrome tannning

  • ワイツーレザー 鞣し工程8

    クロム鞣剤(三価)を皮に浸透させコラーゲン繊維と
    結合させ、耐熱性(~100℃)などの耐久性を与える。
    これにより写真のようなウエットブルーが完成する。

水絞り・シェービング

  • 革中の余分な水分を水絞り機械により絞り出す。
    シェービングマシーンで革の肉面を削り、一定の厚さに調節する。

中和・染色・加脂

  • ワイツーレザー 鞣し工程10

    革中の酸をアルカリにより中和し、染色や加脂剤の浸透が
    均一になるように調節する。
    その後染料を用いて希望の色に染める。染料の基本要件は
    色、溶解性および皮革への染着性であり、これら要件を
    備えた染料を使用して素材を着色するのが染色である。

乾燥 Drying

  • ワイツーレザー 鞣し工程11

    革中の染料や加脂剤を固着させる為に乾燥する。
    自然乾燥あるいは熱風乾燥や真空乾燥をする。
    革の感融にとって直接的に影響する重要な工程。

味入れ・ステーキング

  • ワイツーレザー 鞣し工程12

    革に適当な水分を与え、もみほぐし易くする。
    その後ステーキングマシーンにより革をもみほぐし、
    柔軟性や弾力性を与える。

張り乾燥 Toggling&tacking

  • 張板に釘張りするか、網板上にトグル張りし、
    平らな状態に乾燥させ、味(水分)を除去する。
    ガラス張りの場合は不要。ネット張り乾燥など。

塗装 Seasoning&Spraying

  • ワイツーレザー 鞣し工程14

    外観の美しさを色と艶で強調すると共に、
    革の耐久性を得るように塗装などで銀面を塗装する。

艶出し・アイロン・型押 Glazing&Press

  • ワイツーレザー 鞣し工程15

    機械により表面を艶出しし、またはアイロンする。
    必要により型押またはモミ作業を行う。

製品革

  • ワイツーレザー 鞣し工程16

    このような作業をすべて終え、
    Y'2LEATHER「ワイツーレザー」の製品になる革ができるのだ。

Topicks

Follow us

© Y'2 LEATHER. All rights reserved.