ボタン付けについて

「革製品の場合革に厚みがあるので布帛製品などのように機械で付けるのではなく
1個ずつ丁寧に熟練した職人が手付けしています。

革の厚み、負荷なども考慮し裏側にはしっかりと4つ穴の「力ボタン」を付けております。
ボタンの巻きも革の厚みにより変えております。
商品を見て頂ければぴしっと付けられたボタンにご納得頂けるかと思います。
裏の「力ボタン」の横にマメがあり、その部分から糸がほつれ緩みやすいのであえてマメの糸は長めに残しております。
しっかりと付けられたボタンですが、長年ご使用頂くと革の厚みに耐えられなくなり緩む場合がございます。 その場合はご遠慮なくご連絡下さい。